ウェルスナビ投資5ヶ月目の損益を公開します

ウェルスナビ

最近では日経平均もNYダウも割と回復している感がありますが、結局のところ暴落のダメージは残っており損失が出たままです。

株式は暴落時の傷跡が残っておりプラスに推移しているのは金ETFの「GLD」と、米国債券ETFの「AGG」だけでした

詳しい損益の結果は以下の通りです

■まず資産評価額です

ウェルスナビへの投資元本は15万円なので円ベースでは-19,046円(-12.79%)、ドルベースでは-162.37ドル(-11.76%)という結果になりました。

3月中旬辺りの米国市場でサーキットブレイカーが連発されていた頃に比べると多少は株価が回復してきた感はあります、アメリカでは5月1日から段階的に経済活動の再開があるそうで、その期待感も込めて5月まではゆるやかに株価が上昇するのかな~と予想していますが経済活動を再開して再度コロナ感染者が増えたりしたら「やっぱりダメだ」という事になりそこでまた株価が大きく下がるかもしれません、日本においても非常事態宣言が5月6日に取り消されず延長する可能性もあるので楽観視は危険ですね

しかし株価が大きく下がった時は買い増すチャンスなのでタイミング良く株を購入できるように現金(ドルや円)を残しておこうと思います

■クラス別の損益です(円&ドルベース)

上の画像が円ベースのグラフで、下の画像がドルベースです

1ヵ月前と比べると日本円で18,000円ほど回復しました

1番ダメージ大きいのは日欧株ETFの「VEA」ですね、VEAはアメリカを除く先進国株で日本や欧州に投資しているETFですがこの先株価が伸びていくのか心配です

日本は消費税10%に上げたせいでGDPが大きく下がりましたし、『出る杭は叩け』みたいな風潮がある日本ではアップルやマイクロソフトのような企業は生まれないでしょうし、そもそも先進国でまともに経済成長してる国ってアメリカくらいで、そのアメリカをはぶいたETFに未来はあるのだろうか!?・・・と思っています

分配金の配当利回りは多少高いがそれでも将来性や利回りは新興国株ETFである「VWO」の方が高いのでは・・・?と感じています

そんな「VEA」に資産の30%を突っ込んでいるウェルスナビ(リスク許容度5)に疑問が沸いてきました、でもとりあえずこのまま何年か先まで投資を継続しようと思ってます

今現在のドル円レートは1ドル107.5円なのでウェルスナビへ追加投資チャンスだと思いますが今月は資金が無いので断念です、、、給付金の10万円を貰ったら余裕あれば投資するかもしれません、、、

それではまたっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました