2020年も半分過ぎたので保有株を書き出してみる

SBIネオモバイル証券

あっと言う間に1年の半分が終わった。1月1日にインフルエンザにかかって仕事を休んで少し経ったらコロナウイルス騒動でNYダウ・日経平均・世界中の経済がヤバい状況に陥って、日本では緊急事態宣言の発令から解除・・・そんなこんなで今年も半分終わった。

SBIネオモバ証券で保有している単元未満株をブログに書き出していこうと思います

3月4月の暴落中に買えていた「ハイデイ日高」「アークランドサービスHD」「スシローグローバルHD」「ソニー」「NTTドコモ」を5月の終わり頃に売却、いったん利益確定し現金にポジションを移しました

スシロー系の外食銘柄は100株持っていないと株主優待が貰えない為、マックスリターンを得る為にはどうしても100株以上の保有が求められるのですが、僕はネオモバで少量しか保有していませんでした、そこから優待が貰える100株まで投資するとなると資金が多くかかりますので、中途半端に保有していた外食系銘柄を売却した次第です

■こちらが2020年6月2日現在の保有の一覧です■

・アサヒグループホールディングス:29株

(ほぼ底値で買う事が出来た銘柄で準主力銘柄、100株到達まで買い集めたい)

・セブン&アイホールディングス:10株

(配当金を頂きました。これは売却するかもしれません)

・良品計画:2株

(含み益は40%くらいあるのですが2株(笑)

・三菱UFJフィナンシャルグループ:60株

(安い時に買えた銘柄で配当狙いの永久保有候補)

・三井住友フィナンシャルグループ:6株

(こちらも三菱UFJと同じ。累進配当を信じ永久に買い増し候補)

・イオンフィナンシャルサービス:10株

(これも安い時に買えた銘柄。まだ株価は出遅れ感あり買い増し候補)

・住友倉庫:5株

(縁の下の力持ち的存在。知らない間にじわじわ株価が上がってる)

・日本電信電話:80株

(僕の主力銘柄。配当狙いの永久保有で更に買い増しし続けます)

・KDDI:16株

(暴落時に少し買えた銘柄。今後も買い増し優待の貰える100株を目指します)

・ソフトバンク:10株

(高配当銘柄の中では実は安定してそうな銘柄。これ以上は大きく株価が下落しないだろうという思惑で購入、売却してKDDIにするかも)

・NTTデータ:20株

(底値付近で買えた為大きな含み益を出している銘柄の1つ、株主優待は存在しないので保有量はいくつでも大丈夫なタイプ。目標株価1500円~2000円まではホールド候補)

■今後の投資戦略 コロナ後の世界をどう攻めるか■

上記に書き出した銘柄達はほぼ全種含み益が出ています

3月~4月の暴落局面で買っていた為です、しかし6月現在、日経平均株価は大きく回復し色んな銘柄を注視していますが売られ過ぎという程の割安そうな銘柄を見つける事が困難になってきました・・・。

銀行系の銘柄はまだ買えるかな~って感じしますが外食銘柄はもう完全にダメそうです、ほんの少し前までハイデイ日高やアークランドサービスは1300円台で買えましたが今となっては1900円台、ちと厳しい(汗)自動車銘柄は業界全体が改革期という事もあってコロナ関係なく買えませんし・・・。

こうなってくると業績が良く、素直に成長し続けているグロース銘柄を分散して買ってずっと保有しているのが良さそうだと考えています

しかしグロース株は1株あたりの値段が高い!

ニトリは2万円超え、レーザーテック9000円超え等・・・銘柄分散に加え、時間分散もするとなるとネオモバ証券と言えども相当な資金量が必要になってきます

自分は米国市場の個別銘柄やETFも定期的に買っているので、今後は日本株と米国株に振り分ける資金量を再考する必要がありそうです

今回は以上です、それではまたっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました