SBIネオモバイル証券のメリットデメリットを語る

株を保有するならSBIネオモバイル証券 株式投資

先日SBIネオモバイル証券の口座開設をし株を買ってみたので、実際の使用感やメリット・デメリットについて解説していこうと思います

結論から言うと日本個別株で「長期」「分散」「積み立て」での運用をしようと思ったら、まず間違いなく最強の証券会社だと言えます理由は以下の通りです

■SBIネオモバのメリット

・通常は100株単位でしか買えない日本株を1株から買える

(他の証券会社でもS株・ミニ株と称して単元未満株の購入はできますが手数料が高いのでオススメできません、その点、SBIネオモバイル証券なら1ヵ月50万円未満の取引なら実質20円しか手数料がかかりません。手数料は月額220円かかるのですが投資にも使えるTポイントが200p付与されるので実質消費税分の20円のみ負担という事です。これほど手数料が安く単元未満株を買える証券会社は現時点でネオモバしかありません)

・少額で分散投資が可能

(100株からしか購入できなかった株が1株から購入できるようになることで少額から色んな企業、色んな業種に投資できるようになります。例えばNTTドコモの株を買うには約31万円必要ですがネオモバでは3100円で済みます。ドコモと一緒にKDDIの株も買っても6500円で済みます。更にソフトバンク株も追加しても8000円くらいで、業績好調かつ高利益率で高配当な三大携帯キャリアの株を3社保有しても8000円で収まるという事です。三菱UFJ・三井住友FG・みずほFGの三大メガバンク全てに投資しても約4500円です、携帯三大キャリア+三大メガバンクの株計6社買っても約12500円!と、このように色んな業種や色んな有望銘柄に少額から分散投資できる為、資産を安定的に増やしていける可能性が高くなります)

・株価が下がっても買い増して「平均取得単価」を下げる事が容易になる

(買った株の値段が下落した時は更に1株づつ買い増す事によって平均取得単価を下げることができます。100株単位の取引では株価が下落する度に買い増すには相当な資金力が必要になりますが、ネオモバなら1株単位の取引ができるから安心です。平均取得単価を下げる事によってより有利な値段で株式を保有できる為プラス領域までもっていく時間が早まります。安定的な配当金を出している銘柄では特に有効な戦略・手法になると考えられます)

上記の3つが主なメリットになります

Tポイントで株が買えるというのはオマケ程度と考えて良いと思います。そして以下からはSBIネオモバイル証券のデメリットを解説していきます

■SBIネオモバのデメリット

・指値注文ができず売りも買いも全て始値のタイミングになる

(この値段なら買いたい!この値段なら売りたい!という取引ができないって事ですね。前場と後場の始値で売買することになるので、思っていたより高い値段で株を買ってしまったり、思っていたより安い値段で株を売却することもしばしばあります。長期投資というスタイルで積み立てしていくのならデメリットと言う程デメリットではないですが、短期での取引・・・・つまり売買益であるキャピタルゲインで収益を出すのは厳しいと思います)

・始値での取引となる為、概算約定代金として多めの予算が必要になる

(少額から投資できると言っておいて多めの予算が必要ってどういう事だ!?って話なのですが、SBIネオモバイル証券では指値注文ができず値幅制限内での売り買いをしますので、もしかしたらこれくらい株価が上がってるかもしれないから多めに見積もってくださいね~という事です。試しに株価1502円のソフトバンク株の注文を出そうとしたら1902円必要と表示されました

ソフトバンク<証券コード:9434>現在の株価1502円を1株買うのに必要な予算は1902円でした!この画像の例のように少し多めに予算を用意する必要があるのが多少ネックです。ただ1902円無いと購入できないだけであって、注文したら必ず1902円で購入する訳ではないのでそこは安心してください)

上記のデメリットから分かるのは短期での売買には非常に不向きな証券会社であることです

注文を出してから売買するまでに数時間の時間差がある点や、自分の好きな値段で売買できないからです

しかし長期投資ならほとんどデメリットなく運用できるので安定的にゆっくり資産を増やしていきたい方にはかなりオススメな証券口座だと思います

最近はアメリカ市場が絶好調で米国ETFに投資したりポートフォリオに組み込んでる方も多いので日本の個別株にまで資金を回せないよぉ~って方にもオススメですね、1000円以下で買える優良企業ありますので本当に少額から戦えますし日経平均が暴落した時に色んな業種や企業の株を買い集めたいって時にも便利かもしれません

今回は以上です、それではまたっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました